少し前に、ピーマンが高くて、ピーマンが食べられないことがありました。それでも、ピーマンなので、そう切迫しなかったのですが、今度はジャガイモが、まるごと高くなり、ゼロ手提げ、300円もするようになってしまったのです。ジャガイモが300円の年代を覚えていなかったので、どうしたのか、驚きました。1か月ぐらい続いたと思います。すると、今度は、落ち着いたのか、160円ほどになりました。やり方が出せるお代金だ。総計が300円の頃は、冷凍ポテトを使っていました。ベルギー製だ。「ベルギーは、豊作ですな」などと、無駄口が思いながら、久しぶりの冷凍ポテトを食べたのです。
テレビでは、ごちそうの総計が変わらなくても、ある量が早くなったと話しています。そうは、感じなかったのですが、この間かったピーマンは、その通りでした。三つしか入っていませんでした。
野菜の総計は、何かによって、空模様だったり、水害だったり、直ちに反発が出てきます。ミュゼ ログイン できない

ワーク記録などについて勉学しました。交差するわくの一つひとつをセルとよびます。また、セルが太線で囲まれているわくをセルポインタとよび文字・件数などを入力できる地点を示しています。なお、こういう大きな累計紙概要はワーク記録と効く、そのワーク記録複数個をまとめてブックとよぶこともあります。セルポインタの差し出すセルを活発セルまたはカレントセルといいます。画面には+の印が表示されていて、これをマウスポインタといいます。セルポインタは、マウスのエッジをクリックするかカーソル寸法キーによって、前面の中央を自由に移動することができます。各セルは、列ナンバーと行ナンバーのアレンジでその地点があらわされ、これをセル番地といいます。スクロールバーやセルポインタの寸法で、画面(前面)の提示科目が上げ下げ左右に遠ざかることを画面のスクロールといいます。表企画ソフトでは、入力するインフォメーションの最前線が英字、カタカナ、ひらがな、漢字の文字であれば文字(文字列)として製造されます。知らないこともあったので復習狙うなと思いました。