お笑いコンビ、ピースの綾部祐二さんが、ニューヨークで語学を学びながらコメディアンとして活動していくらしいです。それに対して相方の又吉直樹さんが「応援している!」とコメントを出していました。素晴らしいコンビ愛です。漫才でコンビを組んでいると、相方がいないと仕事が出来ません。私だったら自分のことばかり考えてしまって、正直応援なんて出来ないと思うのです。もちろん又吉さんも、初めて聞かされた時は動揺したと思います。誰にも言えない葛藤もあったと思います。でもそれでも最後には応援してあげようと思えたから素晴らしいです。綾部さんも、作家として成功してしまった又吉さんを見て、自分の人生を見つめ直すきっかけになったと思います。人生は一度きりなので、失敗してもいいから後悔のないように頑張ってもらいたいです。人気があるうちに決断したので、勇気は相当いったと思います。でも思うだけでなく行動に移した綾部さんを、私も陰ながら応援したいです。そして私も後悔しないような人生を歩みたいと思います。脱毛ラボ 12箇所 1980円

たえず思います。星はビューティフルですなと。そんな時に思いだすことがあります。学生時代に航海の連中にいた奥様の話です。私もおんなじ連中に入っていました。主人は、女房大学生最後のご時世、自ら航海に出ました。行方はネパールでした。主人は独自航海を決断しました。いかにも様座なことを調べたのでしょう。セキュリティー帰ってきた主人の伝言会が開かれました。様々な実態、新しい発見、たくさんのことを話しました。そして涙を流したと言ったのです。涙を流したのは静かな標高の大きい通りでのケースだったそうです。満天の星を主人は仰ぎ見ました。既にそこに手の届くところに星があるように思えたそうです。あまりの美しさに主人のバストは震えたそうです。そして涙があふれて来たと。私たちの心にも湧き上がって生じるものがありました。しかし、それを現に見たのは主人だ。その星々に熱血できたのは主人だ。ここに「航海」の原点があるのではないでしょうか。主人は自分の目で見て、その星を主人の目線でじかに見て、大きな熱血を受けたのですから。キレイモ プラン