学習しました。満杯スチーム圧は、気温が低くなるによって減少します。よって、エアーが冷えてエアーにおいておるスチームのストレスが満杯スチーム圧をこえるって、余分のスチームは凝結して水滴となります。こういうときの気温を露点といいます。満杯スチーム圧をこえてもスチームが凝結控える情況を過飽和といいます。エアー中の水滴や氷晶は雲をつくる粒子であり、雲粒というよばれます。雲粒のがたいは1〜100μmぐらいだ。地表近辺で雲粒ができるとミストになります。雲粒が成長して直径1mm頃の雨粒になると大雨となって地表に降ります。山の斜面をぶりが吹き登る時や、周囲のエアーによって熱になって軽々しくなったフィーリングが上昇して出向く時、上昇するによって周囲の気圧が減少するので、上昇するフィーリング集まりは膨張します。こういう時、フィーリング集まりが身の回りとの意気ごみのキャッチボール無しに(断熱系に)膨張し、身の回りに対して仕事をすることになるので、フィーリング集まりの秘めるやる気が支出されてフィーリング集まりが下がります。至極勉強になりました。

今日は取引が順調に終わったので、定時で帰った。在宅についたのが18チャンス過ぎ。少し嬉しいスパンだったので、息子を出先に連れていってプチバスケットボールの自主発展をやった。息子は小学2年生です。本音を言えば、プチバスケットボールの試合に出てほしいが、今は、宿命飛躍するための装備時です。今の息子のテーマは、深く手早くドリブルを付くことだと思っている。そのため、ドリブルの発展を中心に行った。では、右側ドリブルをきつく手早く20回やらせた。その時に左側でしっかりとディフェンスをガードするように注意した。プチバスケットボールの組織に入って約9か月。相当うまくなったと思った。次に左側ドリブルを激しく早く20回やらせた。そのあとに、ディフェンスが強引にボールを奪い取りに来るときの正解を教えて、わたしがディフェンス役をやり発展をした。ようやくとしては、可愛らしくできたと思った。再来週からカタチ戦が2ウィークにかけて開催される。おそらく息子は出れないであろう。但し、試合を視聴することで、誘因にあたってほしいといった願っている。ミュゼ 顔

多少年代を重ねてからミュージシャンの矢沢永吉さんのことを知ったのですが、それまで思っていたイケイケなイメージとは違って心情はかなり詳しいクライアントですなあと著書「アー・ユー・ハッピー?」を読んでわかりました。実に熱くて自身の半生を話している誌で、その中に書いてある物言いには印象的なものが多くありました。
そのひとつに「張れ」というのがあります。何か自分が決めるとしていることに問題が起こって、プレッシャーがかかってきても後ろへ下がらずともかく踏んばれといった意図と解釈しています。それは自分の側に失敗があってはできませんし、孤独の中でたたかうこともあります。でも決めるという強く思うならば、堂々とやればいいんだという心境をそれ以来持つようになりました。一方で、何ともなかったらともかく止めると言いますか早い時期に撤退することも悪賢い事ではないとしています。まだ講じる状況が違うについてもありますし。キレイモ 料金

気付けば周りは全部携帯になってしましました。
残り少ないガラケーの友だちも、気づけば一人もいなくなってしましました。

でも俺がガラケーを使い続ける理由は、とにかくお金が少ないことです。
友達には「携帯にしたほうが代安くなるよ」と言われますが、本当に俺がかかておる代を言うと「あ、それなら貫くほうがいいかもね」と言われます。
確かに少ないんです。
安くて、メイルし放題なので俺にはこれで十分なのです。
呼出は別代だけど、呼出は殆ど控えるのでこれだけあれば十分なのです。

も、やっぱり周りが携帯だから方法も出来ないしフォト撮るときに携帯を吐出しがたくなります。
それほど同階級とかティーンエージャーが集まっているときは。
私の女子階級のグループだと全部ガラケーだったり、携帯の自身がいても安心してガラケーを出せます。
それはなぜでしょう。
俺が見栄っ張りなのかもしれませんが、同階級の人前では甚だしく出し辛いだ。
でもなんだかフォトが撮りたいときは出して使っちゃいますが、何故か肩身が細いだ。
けれども今は無職業マミーの僕なので、多少なりとも節約しなきゃという気で惜しくもガラケーを使う予定だ。