養育にベターは薄いことを念頭に置いておくことが大事

子育ての仲間が、養育神経症気味になっているようで電話をかけてきました。でも、僕は子育てではありません。独り身でひとり暮し毎日を満喫しているところです。そんな僕に養育のカウンセリングをされても、的確な返事が望めるだろうかと不安に思いました。
至って話を聞いていると、ただ誰かに聞いてもらいたかっただけのようです。どうも、同じくらいの周りのお子さんよりも自分のお子さんの拡大がのろいことを懸念しているみたいでした。
これは未婚の私でも分かります。心配な心情も分かりますが、それ以上に、人様と比較することはいけないと思うのです。と言うのも、養育に正解はないと思っているからだ。大人になってからも大勢がいらっしゃるように、お子さんも各種子が居ます。拡大のステップはみなさん異なるのは当たり前のことだと思うのです。
それに、幼いうちに拡大が遅くても、中学校やハイスクールになってから急激に拡大を講じる子も居ます。逆に身長や知など、他人よりも超えて仕舞う子もいるはずです。
そんなふうにコール口で言ってみました。仲間はそうだよね〜と納得してくれたようなので、少々ホッとしたところです。いまいち周囲を気にせず、自分なりに無茶せず養育をしていってほしいと思っています。