長女ってプチバスケットボールの自主発展を行ったこと

今日は取引が順調に終わったので、定時で帰った。在宅についたのが18チャンス過ぎ。少し嬉しいスパンだったので、息子を出先に連れていってプチバスケットボールの自主発展をやった。息子は小学2年生です。本音を言えば、プチバスケットボールの試合に出てほしいが、今は、宿命飛躍するための装備時です。今の息子のテーマは、深く手早くドリブルを付くことだと思っている。そのため、ドリブルの発展を中心に行った。では、右側ドリブルをきつく手早く20回やらせた。その時に左側でしっかりとディフェンスをガードするように注意した。プチバスケットボールの組織に入って約9か月。相当うまくなったと思った。次に左側ドリブルを激しく早く20回やらせた。そのあとに、ディフェンスが強引にボールを奪い取りに来るときの正解を教えて、わたしがディフェンス役をやり発展をした。ようやくとしては、可愛らしくできたと思った。再来週からカタチ戦が2ウィークにかけて開催される。おそらく息子は出れないであろう。但し、試合を視聴することで、誘因にあたってほしいといった願っている。ミュゼ 顔