星を見て涙した女房のトリップのツイートを聞きました。

たえず思います。星はビューティフルですなと。そんな時に思いだすことがあります。学生時代に航海の連中にいた奥様の話です。私もおんなじ連中に入っていました。主人は、女房大学生最後のご時世、自ら航海に出ました。行方はネパールでした。主人は独自航海を決断しました。いかにも様座なことを調べたのでしょう。セキュリティー帰ってきた主人の伝言会が開かれました。様々な実態、新しい発見、たくさんのことを話しました。そして涙を流したと言ったのです。涙を流したのは静かな標高の大きい通りでのケースだったそうです。満天の星を主人は仰ぎ見ました。既にそこに手の届くところに星があるように思えたそうです。あまりの美しさに主人のバストは震えたそうです。そして涙があふれて来たと。私たちの心にも湧き上がって生じるものがありました。しかし、それを現に見たのは主人だ。その星々に熱血できたのは主人だ。ここに「航海」の原点があるのではないでしょうか。主人は自分の目で見て、その星を主人の目線でじかに見て、大きな熱血を受けたのですから。キレイモ プラン