子育てはマザーテレサのように。愛情深い子育てを。

小学三年生の娘は最近ますます生意気になっています。毎日「早く起きて!」「ごはん食べて!」「宿題して!」私からの一方的なお願いに、日々反抗心を増していく娘。ついつい大きなけんか発展することもしばしば。その度にこんな母親でいいのか疑問に思います。以前、誘われて参加した講演会の先生がおっしゃっていました。「子どもに求めるものは何ですか?いい大学に入る事ですか?いい会社に入る事ですか?」そうでないと言うと嘘になるかもしれません。でもそう思う根源としてあるのは「幸せになってほしい」ということなんだそうです。確かにそうです。子供に不幸になって欲しい親はいません。先生は併せて話して下さいました。「マザーテレサのように与えればいいのです。何をされても、何を言われても与え続ける。それが真の愛情なのです」と。ちょっとここまで来ると・・・と若干引き気味で聞いていましたが、自分の子供に対して見返りを求めてする子育てしていないことに気付きました。大袈裟かもしれませんが、感情的になった時には自分をマザーテレサだと思い、愛情をもって子供と向き合いたいと思います。