内面における座右の銘に対して思い起こした

多少年代を重ねてからミュージシャンの矢沢永吉さんのことを知ったのですが、それまで思っていたイケイケなイメージとは違って心情はかなり詳しいクライアントですなあと著書「アー・ユー・ハッピー?」を読んでわかりました。実に熱くて自身の半生を話している誌で、その中に書いてある物言いには印象的なものが多くありました。
そのひとつに「張れ」というのがあります。何か自分が決めるとしていることに問題が起こって、プレッシャーがかかってきても後ろへ下がらずともかく踏んばれといった意図と解釈しています。それは自分の側に失敗があってはできませんし、孤独の中でたたかうこともあります。でも決めるという強く思うならば、堂々とやればいいんだという心境をそれ以来持つようになりました。一方で、何ともなかったらともかく止めると言いますか早い時期に撤退することも悪賢い事ではないとしています。まだ講じる状況が違うについてもありますし。キレイモ 料金