ワーク記録や表見積りソフトについて

ワーク記録などについて勉学しました。交差するわくの一つひとつをセルとよびます。また、セルが太線で囲まれているわくをセルポインタとよび文字・件数などを入力できる地点を示しています。なお、こういう大きな累計紙概要はワーク記録と効く、そのワーク記録複数個をまとめてブックとよぶこともあります。セルポインタの差し出すセルを活発セルまたはカレントセルといいます。画面には+の印が表示されていて、これをマウスポインタといいます。セルポインタは、マウスのエッジをクリックするかカーソル寸法キーによって、前面の中央を自由に移動することができます。各セルは、列ナンバーと行ナンバーのアレンジでその地点があらわされ、これをセル番地といいます。スクロールバーやセルポインタの寸法で、画面(前面)の提示科目が上げ下げ左右に遠ざかることを画面のスクロールといいます。表企画ソフトでは、入力するインフォメーションの最前線が英字、カタカナ、ひらがな、漢字の文字であれば文字(文字列)として製造されます。知らないこともあったので復習狙うなと思いました。