エアー中の湿気や露点などに関して勉強してた

学習しました。満杯スチーム圧は、気温が低くなるによって減少します。よって、エアーが冷えてエアーにおいておるスチームのストレスが満杯スチーム圧をこえるって、余分のスチームは凝結して水滴となります。こういうときの気温を露点といいます。満杯スチーム圧をこえてもスチームが凝結控える情況を過飽和といいます。エアー中の水滴や氷晶は雲をつくる粒子であり、雲粒というよばれます。雲粒のがたいは1〜100μmぐらいだ。地表近辺で雲粒ができるとミストになります。雲粒が成長して直径1mm頃の雨粒になると大雨となって地表に降ります。山の斜面をぶりが吹き登る時や、周囲のエアーによって熱になって軽々しくなったフィーリングが上昇して出向く時、上昇するによって周囲の気圧が減少するので、上昇するフィーリング集まりは膨張します。こういう時、フィーリング集まりが身の回りとの意気ごみのキャッチボール無しに(断熱系に)膨張し、身の回りに対して仕事をすることになるので、フィーリング集まりの秘めるやる気が支出されてフィーリング集まりが下がります。至極勉強になりました。